妊娠中に起こる歯と歯ぐきのトラブルは、妊娠中期までに解決して

妊娠中に虫歯が出来たり、いままで特にトラブルがなかったのに妊娠をきっかけに妊娠性歯肉炎などになる人は少なくありません。
妊娠によるホルモンバランスの変化が、一時的に歯や歯茎の環境を悪化させることが原因で、歯ぐきがはれたり出血することがあります。

歯磨きのたびに出血したり、歯ぐきがぷよぷよとむくんでいる気がする時は、妊娠による歯肉炎の可能性が考えられます。
たいていは出産後に改善しますが、日頃から丁寧な歯磨きや歯ぐきマッサージをする必要があります。

妊娠初期に悪阻で吐きづわりで苦しんだ人の場合、胃液で歯が弱ってしまうことも考えられます。
疲れた時によくある歯が浮いた感じがすることもあります。
できるだけ早くに治療に行きたいですので、悪阻が収まってから早いうちにかかることをお勧めします。

悪阻が収まれば治療中に気持ちが悪くなることも減りますので、妊娠中期頃には歯科治療に行くようにしたいですね。
妊娠後期になるとお腹が大きくなりますので、歯科の治療台のような上向きに横になっての治療は苦しくて辛くなります。

歯科によっては少し治療台を起こした状態での治療をしてくれることもありますが、奥歯などの治療の場合は治療台を倒してでないと難しいですので、大きなお腹で長時間の治療は大変です。
妊娠後期になればいつ産まれるかも分かりませんから、体調が安定していて一番身軽に動けるうちに治療をすることがベストです。

体が重たいからと産後に延期するよりも早いうちに治療を済ませてしまうほうが、虫歯も悪化せずに済みます。
産後になれば小さな赤ちゃんを誰かに預けて通院することになりますので、できるだけ妊娠中期のうちに治療が終わるように歯科医師とも相談して治療を進めます。

妊娠中の治療というと、赤ちゃんに影響がないかと心配になりますが、レントゲン撮影を避けたらそれほど心配することはありません。
治療での痛みが強い場合は歯ぐきに塗る麻酔や歯ぐきに注射する部分麻酔も使用できます。
場合によっては妊娠中に治療ができないこともあるかと思いますが、できる範囲の治療は先延ばしにせずに妊娠中期に済ませてしまうほうが後々楽になります。

ひどい悪阻の場合には歯磨きすら出来ない時もありますが、そんな時は液体はみがきがお勧めです。
口の中が爽やかになって一時的にでもすっきりします。
妊娠中は虫歯が出来やすいので、悪阻が収まった後にも歯ブラシの後に液体はみがきで口をゆすいでおくと予防効果も高くなります。

虫歯がないという人でも、妊娠中に一度は歯科検診を受けておくことをお勧めします。
いままで大丈夫だったという人でも、妊娠中は色々なトラブルが発生します。治療を長引かせないためにも、予防歯科は重要です。
非妊娠時とは口内環境も違っていますので、早目に治療を受けておきます。
藤沢駅近くの歯科医院ゆめの森歯科ふじさわは、治療前のカウンセリングが丁寧です。近くにお住いの妊婦さんは一度検診されてみてはいかがでしょうか。
早目の処置なら治療も簡単に済みますね。