ホワイトニングとティースクリーニングの違いって?

かなり前に東幹久と高岡早紀が出演した、『芸能人は歯が命』というCMがありました。
芸能人でなくても歯は白いほうがいい!そう思っている人は少なくないでしょう。
最近は『美容歯科』という言葉も広まり、歯を白くする『ホワイトニング』も普及してきました。
では、ホワイトニング、ティース・クリーニングはどのように違うのでしょうか。

ホワイトニングは、歯を白く見せることが目的です。

歯に染みこんだ汚れ、着色、生まれつきの色素、これらを分解することで白い歯にする処置となります。
また、自宅でもある程度できる『ホームホワイトニング』という方法もあります。

これに対して、ティースクリーニングは煙草のヤニや茶渋といった『ステイン』(直訳するば『錆び』)を落として元の色にするという処置です。
ホワイトニングは色を落とす、または白くなる処置に対し、ティースクリーニングは回転する消しゴムのような器具を使い汚れを徹底的に落とし、結果として歯が白くなる違いが見られます。
また、しこう(歯垢)やしせき(歯石)も除去しますから、歯周病の予防にもなります。歯科医院でこの処置を受けることにより、家庭でのブラッシングでは難しいものの除去が可能になります。

歯周病菌が厄介なのは、自分たちの周りに『バイオフィルム』と呼ばれる膜を作ることです。この膜は、家庭でのブラッシングでは除去できませんし、 この膜の内側で細菌同士が栄養分などをやりとりして更にプラークの増殖に拍車をかける『歯周病菌のアジト』とでも呼べるものです。
ティースクリーニングでこの膜を除去するので、歯の再石灰化も促進されるという効果もあります。

さて、ティースクリーニングはどんな人が行うのがよいのでしょうか。
まずはコーヒーやお茶をよく飲み茶渋が気になる方やタバコを吸っていてヤニが気になる。
といった美容面での目的の方が多いかと思われます。
しかし、先ほど書いたように、ホワイトニングよりも実質的に健康面での効果が大きい処置ですので、 矯正中で装置の周りなどの汚れを落としにくい方、口臭が気になる方、歯ぐきが腫れたり、 出血のある方そして歯周病や虫歯の予防をしたい方など、 お口の中の健康が気になる方全般にお勧めいたします。

また、ホワイトニングは美容目的ですので健康保険の適用はされませんが、 ティースクリーニングは前歯から犬歯にかけての外側の処置については 健康保険の対象になるようですので歯科医で相談してみるのもいいでしょう。