詰め物、被せ物のイロハ

虫歯や不慮の事故などで歯の治療をしなくてはいけない、
なんて経験人生一度は経験するのではないでしょうか。
そんな時に歯医者さんで様々な方法で治療してもらうと思います。
今回はそんな治療方法の中でもつめ物やかぶせ物について書いていこうかと思います。

詰め物

詰め物はインレーと歯科用語で呼ばれ、虫歯などで、
虫歯が小さい場合に、その虫歯の部分のみを削り取り、
詰め物を詰めるという治療方法です。
この詰め物にも様々な種類があり、保険が適用される物とそうでない物があります。
保険が適用される物としては、コンポジットレジン充填と言う歯科用プラスチックを用いるものや、金銀パラジウム合金を始めとした様々な合金が用いられます。
コンポジットレジン充填の利点は歯に近い色合いで治療の後が目立ちにくいことや、治療期間が短くすませられ、リペアも容易であることなどです。ただし経年劣化で変色したりしやすいこと、そして歯科医師さんの技量が問われる方法なので、医師によって品質に差が出やすいなどの問題があります。
金属合金の利点としては強度が高く、また用いる金属にも様々な種類があり歴史も古いことなどが挙げられます。ただし金属特有の見た目や堅いという金属性質状、適切に用いないと他の歯を傷つけてしまいます。また金属アレルギーなどの問題もあります。
またグラスアイオノーセメントと呼ばれる素材は軟らかく削れやすいという欠点もありますが徐々にフッ化物を放出すると言うほかには無い特性を持っており、二次的に虫歯になるのを防ぐという使い方があります。
かみ合わせの無い部位や乳歯などでは積極的に用いていきたい素材です。
今回紹介した以外にも様々な方法があり、保険適用外のセラミックを始め様々な素材があり、予算や部位などで使い分けるとよいでしょう。

被せ物

被せ物はクラウンと歯科用語で呼ばれ、虫歯の進行がひどい時などに歯を削った後などに、削った歯全体をまるまる被せて補填する治療方法です。
一般的には差し歯とも呼ばれます。
被せ物は大きく分けて、歯全体を覆う全部被覆冠と、歯の一部を覆う一部被覆冠(3/4冠、4/5冠、7/8冠など)があります。
被せものも、保険を使って治療できるものと、保険の適用外(自費)のものがあります。
保険が適用される場合は前から4番目の歯では白い材料である歯科用プラスチックが用いられ、それ以外はいわゆる金歯とか銀歯と呼ばれる金属素材が用いられます。
取り扱っている歯科医院はまだ少数ですが、2014年4月からハイブリットCAD/CAM冠と呼ばれるプラスティックを機械で削りだして製作する被せ物が小臼歯のみ保険適用になりました。