歯が欠けた場合の治療法

歯が欠けるようなこともあるのではないでしょうか?ここでは、歯が欠けた場合の治療法について見ていきましょう。

では、歯が欠ける原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか。歯が欠ける原因としては、交通事故、転倒、スポーツなどによる場合、虫歯による場合などがあります。
なお、事故によって歯が欠けた場合に、損害保険や労災保険で治療することができるかに関しては、入っている保険業者によく確認してみましょう。

では、歯が欠けたすぐ後の場合にはどのようなことに注意するといいのでしょうか?
歯が欠けたすぐ後に血が出ている場合には、血が出ているところから感染しないようにしたり、痛みがひどくならないようにしたりするために、すぐに歯科医に行って処置を受けてください。
また、血が出ていないような時でも、欠けた歯によって舌、粘膜、唇などが傷つかないようにするため、すぐに歯科医で診てもらうようにしましょう。
歯科医ですぐに処置をしてもらうことが困難であるような場合は、舌、粘膜、唇などに欠けた歯が当たらないように十分に注意しましょう。

では、歯が欠けたままにしておいた場合には、舌、粘膜、唇などが傷つく以外に、歯がさらに欠ける、よく虫歯になるなどの問題が新しく生じることが想定されます。
そのため、すぐに歯科医に行って治療を受けましょう。
また、神経が万一損傷した時にそのままにしておけば、黒っぽく歯の色が変わる場合があります。

では、歯が欠けた場合にはどのような治療をするといいのでしょうか?
欠けた歯を治療した場合に、よりいい審美性や使用感を希望する場合に、おすすめなのは審美治療です。
健康保険が適用になる治療の場合は、欠けた歯の部分だけを治療することが目的になります。そのため、治療する方法が限定されたり、使う材料が限定されたりするなど、歯の外観については健康保険が適用になる治療の場合はそれほど考慮されていません。
一方、審美治療の場合は、治療する方法や使う材料が限定されるようなこともなく、治療は機能性や外観を考慮したものになります。そのため、審美治療の場合は、ほとんどの場合、健康保険が適用されなくなります。
審美治療の場合は、自分でかかった全ての費用を負担する必要がある、自費での診療になります。
歯が欠けた場合には、一度、審美治療を検討してみるのもいいでしょう。